かんたんサーカス「岬のスープ屋さん」

店舗の入り口横の壁面に設置予定ということでデザインを頂き、製作に入りました。大きさは横が90センチほどです。
※デザイン 吉田公紀氏

ベース板は楠の木。原画にそって浮き彫りをしていきます。 彫りの作業の途中です。約5ミリほど浮き彫りし、彫ったところも出来る限り平らに仕上げました。 着色作業に入る前に目地止め材を塗りました。
色づけ作業に入ります。 浮き彫りしたところとベース部分の色をそれぞれ塗り分けました。 文字入れをし枠を塗って、最後に全体に屋外ニスを塗って完成です。

ご依頼元 ブルーアース21様

大分市の西大分駅から徒歩5分。西大分港かんたん港園横にある、ダイビングショップです。初心者から上級者まで幅広い指導で好評です。
建物の奥はイベント空間「かんたん倶楽部」です。
西大分港のダイビングショップ「ブルーアース21」様から、 海辺の雰囲気に合うような木製のものということで看板作成の依頼を頂きました。大きさは横幅60cm程度の楕円をデザインしました。 ベースとなる木片は楠の木。目地も細かいし、加工しやすい木です。削るとき楠特有のとてもいい匂いがします。
デザインのアウトラインをカットしたカッティングシートをベース板に貼り付け、電動ジグソーで楕円にカットしていきます。
楕円にカット、両面をさらにサンダーで磨き彫り作業の準備が出来ました。今回は吊り下げ看板なので、両面同じものを彫らなくてはなりません。

掘り終わると目地止め材を塗り、そのあと白のペンキを塗ります。白いペンキを一度軽く塗っておくことで、目地止め効果とこれから色づけするペンキの色がより鮮やかなになるからです。
色を塗り、いよいよ完成。フレームの作成と取り付けはお知り合いの看板屋さん「エルエルネオン」さんにお願いしました。とてもしっかり作ってくれました。